腎臓病と喉痛.COM
喉が痛い 喘息 胃腸・食道 花粉症 口腔・歯科 腎臓病
 喉痛.COM > 腎臓病TOP > 腎臓の構造・仕組み > 腎臓(外分泌臓器)の働き  サイトマップ
腎臓(ジンゾウ)の病気

 ・種類(腎前性・腎性・腎後性)

 ・慢性腎臓病(CKD)
 ・急性腎障害(AKI)
 ・メタボリックシンドローム
 ・急性腎炎
 ・急速進行性腎炎
 ・慢性腎炎
 ・慢性腎炎の治療後の見通し
 ・IgA腎症
 ・紫斑病性腎炎
 ・び漫性増殖性糸球体腎炎
 ・膜性腎症
 ・微小変化群
 ・巣状糸球体硬化症


 ・再発性血尿・持続性血尿
 ・ループス腎炎
 ・糖尿病性腎症
 ・腎硬化症
 ・多発性のう胞腎
 ・ネフローゼ症候群

腎臓(ジンゾウ)の検査・診断

 ・腎臓の診断・治療方法

 ・尿検査 >>判明項目
  ・判明する事項
  ・採尿法(随時・早朝・分杯・蓄)
 ・腎機能検査
  @濾過機能・腎血流量測定
  A近位・遠位尿細管機能検査
 ・画像検査(エックス線・超音波)
 ・造影画像検査
  @腎盂・尿路造影・腎血管造影
  Aアイソトープ検査
 ・腎生検
 ・血液検査 >>判明項目
 ・生化学検査
  @血清尿素窒素・クレアチニン
  Aクレアチニン・クリアランス

腎臓病の構造・仕組み

腎臓の構造・働き
 @外分泌臓器としての働き
 A内分泌臓器としての働き
膀胱・尿道の構造・働き

食道・胃腸の病気

食道に起因する病気
食道炎(食道潰瘍)
逆流性食道炎(食道逆流症)
 >>他の病気の併発
 >>胃酸過多と逆流性
食道神経症
食道に異物が詰まる
食道良性腫瘍食道狭窄
食道ガン >>主な症状・原因
 >>検査方法、>>治療方法
バレット食道  ・食道アカラシア
食道静脈瘤 ・食道憩室
マロリー・ワイス症候群

胃腸に起因する病気
ピロリ菌の感染
 >>検査方法>>予防法 >>治療法
 >>治療後(検査まで)の注意
急性胃炎慢性胃炎
萎縮性胃炎 ・びらん性胃炎
機能性胃腸症(ディスペプシア)
胃痙攣 >>治療法
胃・十二指腸潰瘍>>潰瘍瘢痕化
 >>胃潰瘍の再発防止方法 
胃アニサキス症
胃ポリープ  ・胃粘膜下腫瘍
平滑筋腫(消化管間葉性腫瘍)
胃MALTリンパ腫 ・胃腺腫
胃ガン >>主な症状と進行度
 >>検査方法、>>治療方法
 >>手術の後遺症(吐き気・胸やけ)
 >>胃切除術後の液逆流の予防
スキルスガン ・胃粘膜異常
高分化型胃ガン ・胃下垂
ダンピング症候群 ・胃酸過多
胸膜炎(胃痛) ・胃の陰影欠損
摂食障害(胃の緩み)
胃の石灰化(胃石)
胃腸風邪(ノロ・ロタウイルス)
胃壁後部ニッシェ
胃前庭部粘膜不全

腎臓(外分泌臓器)の働き

- 腎臓の構造・仕組み

 

 腎臓(ジンゾウ)、尿管(ニョウカン)、膀胱(ボウコウ)、尿道(ニョウドウ)は、尿の生成と排泄(ハイセツ)にかかわる臓器で、一般的には「尿路系(ニョウロケイ)」と呼ばれています。尿は、尿路を伝わって体外に排泄されるので、腎臓はいわゆる外分泌機能を果たしていることになります。
 腎臓は、背中側の腰よりやや上にある左右一対の臓器で、右のほうが左よりもやや低い位置にあるます。これは右側に肝臓(カンゾウ)があるので、右の腎臓は左よりもやや低い位置になるからです。大きさは、縦が約12センチメートル、横が約6センチメートル、幅は約3センチメートルで、だいたいその人のこぶしより少し大きい程度です。腎臓の形状は、そら豆によく似ています。
 このように、腎臓は小さな臓器ですが、ここには心臓から多量の血液が運び込まれています。腎臓では、血液が糸球体(シキュウタイ)と呼ばれる組織(毛細血管が毛玉のようになった組織)で濾過(ロカ)されて、尿のもとになる原尿(ゲンニョウ)ができます。一日にできる原尿の量は、1日に約1.5リットルですから、原尿は尿道を経て尿が排泄されるまでに、何度も何度も再吸収と分泌(ブンピツ)が行われて、最終的に100分の1程度まで減ってしまう(濃縮されてしまう)のです。

腎臓の構造

 以上の仕組みを、もう一度詳しく解説していきましょう。心臓から腎動脈を通って腎臓に入った血液は、糸球体と呼ばれる一種の濾過器(ロカキ)を通ります。一個一個の糸球体は、「ボウマンのう」と呼ばれる袋に包まれていて、血液が糸球体を通る間に、水分と老廃物が濾されて「原尿」となり、ボウマンのうの方に出されます。ボウマンのうは尿細管につながっていて、原尿は尿細管へ流れ出します。その間に、体内に必要な物質や水分は、尿細管をとりかこむ細かな血管(血管網)に再吸収されていきます。尿は、最終的に腎盂(ジンウ)に集約し、尿管(ニョウカン)を通って膀胱(ボウコウ)にたまります。そして、脳の「排尿」の指令とともに尿道を通って体外に排泄(ハイセツ)されます。

腎臓の構造

 この糸球体(シキュウタイ)とボウマンのうをまとめて腎小体(ジンショウタイ)と呼び、腎小体と尿細管を総称して「ネフロン」と呼んでいます。一つの腎臓のなかには、約100万個ものネフロン(左右合計200万個)があります。左右の腎臓にある糸球体の毛細血管を伸ばしてつなげると、約50キロメートルもの長さになると言われています。このように精密な構造によって外分泌臓器としての臓器の働きがなされているのです。また、腎臓は体内の水分量や塩分量の調節も行っています。尿の成分の90%は水分で、残りの10%に尿素(1日に約30グラム)、塩分(1日に約10グラム)、クレアチニン、尿酸(ニョウサン)、アンモニア、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

糸球体


≫次のページ「腎臓(内分泌臓器)の働き」へ


◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

口腔〜食道の悩み
 ・頻繁なゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い
 ・口角のびらん(水疱や炎症)
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・食道のつかえ感
 ・食事のみぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
 ・幼児の異物誤飲時の対応
◆胃腸の症状◆
胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛

胃痛と食事について

空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事

胃の具合が悪い

胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

歯が痛い
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策、審美治療や矯正治療など情報まとめサイト
hagaita.com

突発性難聴
突発的な難聴の病状対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・