喘息と喉痛.COM
喉が痛い 喘息 胃腸・食道 花粉症 口腔・歯科 腎臓病
 喉痛.COM > 喘息TOP 基礎知識 > 喘息の原因:気道の慢性的なアレルギー炎症  サイトマップ
喘息(ぜんそく)の基礎知識

日本の喘息の現状  
大発作を起こす患者の傾向
喘息発作の表面上症状の齟齬
気道:呼吸をつかさどる器官
喘息の症状・特徴
喘息の特徴的な症状
小児喘息:アトピー型が多い
成人喘息:非アトピー型も多い
喘息の原因・誘因
気道の慢性的アレルギー炎症
喘息発作の様々な誘因
喘息のアトピー型と非アトピー型
喘息の検査
喘息の主な検査
喘息の検査受診(前準備)のコツ

喘息(ぜんそく)の非発作時の治療方法

発作時の症状抑制が重要
発作パターン(発作の波)
喘息発作止めの薬の上手な活用
喘息発作の前触れ徴候
喘息発作が起こりやすい時
喘息発作後の生活の心得

喘息「小発作」時の対処療法
喘息「小発作」時の特徴的症状
 小発作時の対応
 @発作薬を吸入・服用し様子見
 A息苦しさを和らげる工夫
喘息「中発作」時の対処療法
喘息「中発作」時の特徴的症状
 中発作時の対応
 ・発作薬を吸入・服用し様子見
 中発作悪化時の対応
 @病院に行くときの留意点
 A中発作を抑える治療
 B薬物療法における吸入・点滴
喘息「大発作」時の対処療法
喘息「大発作」時の特徴的症状
 大発作時の対応
 @早急に薬を吸入し即病院へ
 A点滴・注射を受け様子を観察
 B重症の場合は入院治療も
 C入院治療中は点滴治療を

喘息(ぜんそく)の非発作時の治療方法

喘息の非発作時の治療の重要性
気道のリモデリングの起こり方
薬物療法
 @喘息治療の中心
 A種類は4段階の重症度が目安
吸入ステロイド薬療法
 @炎症を抑え気道を良好状態に
 A発作予防には継続が重要
喘息時の吸入薬の上手な使い方
薬物の使用時の注意点
 @お薬手帳で記録
 A喘息用以外の薬に注意
 B喘息と薬のよくあるQ&A
喘息発作の自己管理
喘息治療効果を左右する
自己管理チェック方法
自己管理のコツ:ピークフロー値管理

喘息(ぜんそく)に関係する病気

喘息に酷似する病気
咳喘息(せきぜんそく)
喘息の合併症状・病気
@アレルギー性鼻炎
A花粉喘息、息切れ症候群
B肺炎、肺結核、気管支拡張症
C急性気管支炎、肺水腫
D肺ガン・気管支ガン、慢性閉塞性肺疾患
Eブロンコレア、後鼻漏、逆流性食道炎
F自然気胸、過換気症候群、心因性咳嗽

喉(のど)の症状
喉(のど)が痛い
喉(のど)が腫れる
喉(のど)に乾燥感がする
異物感・物が飲み込みにくい
異物の誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
咳(せき)が出る
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた
口の中が乾く
喉(のど)の病気
急性 ・慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
急性喉頭炎 ・慢性喉頭炎
声帯ポリープ
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
音声障害 ・味覚障害
耳ろう孔感染症顎下腺垂石症
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
急性喉頭蓋炎 ・咽喉頭異常感症
扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
喉(のど)の癌(がん)・悪性腫瘍
舌がん ・上咽頭がん中咽頭がん下咽頭がん] ・喉頭がん
頭頸部がん  ・甲状腺がん
喉(のど)の基礎知識

喉(のど)の仕組み・働き
喉(のど)の検査
食べ物、空気と声の喉での別れ方

喘息の原因:気道の慢性的なアレルギー炎症

- 喘息(ぜんそく)の基礎知識

喉痛の癌

炎症を起こした気道が刺激され、発作に

 喘息の人の気道は、発作がないときでも、慢性的なアレルギー性炎症を起こしていることがわかっています。平滑筋(へいかつきん)や粘膜(ねんまく)はむくんで厚くなっており、上皮(じょうひ)細胞もはがれやすくなっています。それにより、気道の内腔がつねに挟まって、空気が通りにくくなっているのです。
 アレルギー性の炎症が起こっている気道は、非常に敏感です。ダニやほこり、タバコや排気ガス、香水のにおいや冷たい空気、ストレスなどのわずかな刺激にも容易に反応し、発作が起こります。つまり、炎症と気道過敏性の亢進に何らかの刺激が加わることで、発作が起こるのです。
 敏感な気道に刺激が加わると、気管支の周囲にある平滑筋が痙攣(けいれん)したり、粘膜に好酸球などの炎症細胞が多数増えたり、むくみが悪化したり、痰がたまって、さらに気道が狭くなります。これら一連の反応が、いわゆる「発作」です。発作時、息をするたび「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」といった音がするのは、狭い気道空気が通るときの音です。

喘息(ぜんそく)

発作の悪循環を断ち切れば喘息は回復する

 発作時の呼吸困難をいかに和らげるか、かつての喘息治療は、そのことに主眼がおかれていました。しかし、発作を何度も繰り返すことによって気道の過敏性が亢進していくことが、大きな問題だとわかってきたのです。
 発作によって、気道の内側は傷つきます。その修復の最中に再度発作が起こると、不完全な状態で気道が再生されてしまいます。そのパターンを繰り返すうちに、気道の内腔はどんどん狭まっていきます。そうなると気道はさらに過敏になり、発作を起こしやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。この流れを「気道のリモデリング」といいます。そこで、近年の喘息治療では、起きてしまった発作を鎮めることよりも、いかに発作を起こさないようにして気道の状態を落ち着けるかということのほうに、より重点が置かれるようになりました。
 長期にわたって適切な治療を受け、気道の炎症をじっくり確実にしずめていけば、発作はどんどん起きにくくなっていきます。気道の炎症を完全に取り去ることは難しいのですが、正しい治療によって気道の状態を安定させることで、寛解、つまり発作のない健康な生活を送れるまでに回復します。

喘息(ぜんそく)

喘息が気道に及ぼす症状

 喘息時には、気道では慢性的な炎症が起こっています。喘息は、気道に慢性的なアレルギー性の炎症が起こる病気で、発作がない時も炎症は続き、少しの刺激にも敏感に反応するようになっていきます。

喘息の人の気道の状態(非発作時)

喘息(ぜんそく)

 

刺激が加わり喘息発作時の気道の状態

 炎症がある軌道に刺激が加わると、平滑筋が痙攣(けいれん)を起こし、収縮します。その刺激が粘膜のむくみや痰の増加につながり、気道がさらに狭くなってしまいます。

喘息時の気道脳状態

  長期にわたり吸入ステロイド薬などで慢性的なアレルギー性炎症を鎮め、さらなる発作を防ぐ治療を行うと、気道は健康な人に近い状態にまで回復します。それによって発作のない生活を送ることが出来ます。

≫次の記事「喘息発作の様々な誘因」へ

 

◇「喘息(ぜんそく)の基礎知識」の記事一覧◇


◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

口腔〜食道の悩み
 ・頻繁なゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い
 ・口角のびらん(水疱や炎症)
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・食道のつかえ感
 ・食事のみぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
 ・幼児の異物誤飲時の対応
◆胃腸の症状◆
胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛

胃痛と食事について

空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事

胃の具合が悪い

胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

在宅・自宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com

目眩(メマイ)
目眩(めまい)に関する各病状(メニエール病など)対策や耳鼻科や脳外科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com/memai
     
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・