喘息と喉痛.COM
喉が痛い 喘息 胃腸・食道 花粉症 口腔・歯科 腎臓病
 喉痛.COM > 喘息TOP > 喘息(ぜんそく)発作時の対応 > 喘息発作止めの薬の上手な活用  サイトマップ
喘息(ぜんそく)の基礎知識

日本の喘息の現状  
大発作を起こす患者の傾向
喘息発作の表面上症状の齟齬
気道:呼吸をつかさどる器官
喘息の症状・特徴
喘息の特徴的な症状
小児喘息:アトピー型が多い
成人喘息:非アトピー型も多い
喘息の原因・誘因
気道の慢性的アレルギー炎症
喘息発作の様々な誘因
喘息のアトピー型と非アトピー型
喘息の検査
喘息の主な検査
喘息の検査受診(前準備)のコツ

喘息(ぜんそく)の非発作時の治療方法

発作時の症状抑制が重要
発作パターン(発作の波)
喘息発作止めの薬の上手な活用
喘息発作の前触れ徴候
喘息発作が起こりやすい時
喘息発作後の生活の心得

喘息「小発作」時の対処療法
喘息「小発作」時の特徴的症状
 小発作時の対応
 @発作薬を吸入・服用し様子見
 A息苦しさを和らげる工夫
喘息「中発作」時の対処療法
喘息「中発作」時の特徴的症状
 中発作時の対応
 ・発作薬を吸入・服用し様子見
 中発作悪化時の対応
 @病院に行くときの留意点
 A中発作を抑える治療
 B薬物療法における吸入・点滴
喘息「大発作」時の対処療法
喘息「大発作」時の特徴的症状
 大発作時の対応
 @早急に薬を吸入し即病院へ
 A点滴・注射を受け様子を観察
 B重症の場合は入院治療も
 C入院治療中は点滴治療を

喘息(ぜんそく)の非発作時の治療方法

喘息の非発作時の治療の重要性
気道のリモデリングの起こり方
薬物療法
 @喘息治療の中心
 A種類は4段階の重症度が目安
吸入ステロイド薬療法
 @炎症を抑え気道を良好状態に
 A発作予防には継続が重要
喘息時の吸入薬の上手な使い方
薬物の使用時の注意点
 @お薬手帳で記録
 A喘息用以外の薬に注意
 B喘息と薬のよくあるQ&A
喘息発作の自己管理
喘息治療効果を左右する
自己管理チェック方法
自己管理のコツ:ピークフロー値管理

喘息(ぜんそく)に関係する病気

喘息に酷似する病気
咳喘息(せきぜんそく)
喘息の合併症状・病気
@アレルギー性鼻炎
A花粉喘息、息切れ症候群
B肺炎、肺結核、気管支拡張症
C急性気管支炎、肺水腫
D肺ガン・気管支ガン、慢性閉塞性肺疾患
Eブロンコレア、後鼻漏、逆流性食道炎
F自然気胸、過換気症候群、心因性咳嗽

喉(のど)の症状
喉(のど)が痛い
喉(のど)が腫れる
喉(のど)に乾燥感がする
異物感・物が飲み込みにくい
異物の誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
咳(せき)が出る
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた
口の中が乾く
喉(のど)の病気
急性 ・慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
急性喉頭炎 ・慢性喉頭炎
声帯ポリープ
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
音声障害 ・味覚障害
耳ろう孔感染症顎下腺垂石症
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
急性喉頭蓋炎 ・咽喉頭異常感症
扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
喉(のど)の癌(がん)・悪性腫瘍
舌がん ・上咽頭がん中咽頭がん下咽頭がん] ・喉頭がん
頭頸部がん  ・甲状腺がん
喉(のど)の基礎知識

喉(のど)の仕組み・働き
喉(のど)の検査
食べ物、空気と声の喉での別れ方

喘息発作止めの薬の上手な活用

- 喘息(ぜんそく)発作時の対応

喘息の発作

素早く喘息発作を抑える薬を使用する

 いざ喘息(ぜんそく)発作が起きたときは、即効性(そっこうせい)のある薬を、素早く吸入・服用して、呼吸困難をやわらげることが最優先になります。
 喘息発作時に最もよく用いられるのが気管支拡張薬です。喘息発作によって狭くなった気管支を広げ、空気を通りやすくして、呼吸を楽にする作用があります。気管支拡張薬の代表となるのがβ2刺激薬です。その他に、抗炎症作用を合わせ持つテオフィリン系薬、重症発作時には経口ステロイド薬などが用いられます。また、補助薬として抗コリン薬が使われることもあります。
 ここでは、これらの薬を順に解説していきます。

喘息発作止め薬物療法

β2刺激薬:吸入タイプの発作止め薬

 β2刺激薬は、気管支拡張薬のなかで、最も強い作用を持ちます。吸入薬と内服薬(いわゆる「飲み薬」)がありますが、即効性が高く、副作用が少ないため、喘息発作時には主に吸入薬が用いられます。経口薬(飲み薬)は吸入が難しい場合に使われます。
 吸入β2刺激薬は、喘息発作が起きたら軽いうちにすぐに使い、20〜30分ごとに1回吸入します。ただし、一度の喘息発作に吸入してよいのは4回までです。
 効果が無いのに使用を続けていると、ドンドンとアレルギー炎症が激しくなって治療の遅れにつながり、死亡などの大事に至ることがあります。4回以上吸入が必要な場合は、ただちに受診する必要があります。

喘息発作止め薬物療法

テオフィリン系薬:β2刺激薬と併用で

 テオフィリン系薬には、ゆっくり効く徐放薬(じょほうやく)と、即効性のある短期作用型の薬があります。喘息発作時には、短期作用型のテオコリン、アミノフィリンなどを、β2刺激薬とあわせて服用します。
 喘息発作を起こした場合に、病院では、テオフィリン系薬を服用後に喘息発作で病院を受診する際には、そのことを必ず医師に伝えてください。

喘息発作止め薬物療法

経口ステロイド薬:炎症の悪化を防止

 経口ステロイド薬は、β2刺激薬ほど即効性は高くありませんが、炎症の悪化を防ぎ、喘息発作を鎮める効果が高いのが特徴です。経口ステロイド薬を使用できるのは、基本的に成人のみです。β2刺激薬などを用いても喘息発作がおさまらない場合や、中程度以上の発作が起こった場合に使用します。
 大きな喘息発作を起こしたとき、ステロイド薬を服用してから救急施設にかかると、受診までの間に症状が悪化するのを防ぐことができ、助かる確率が高くなります。

喘息発作止め薬物療法

抗コリン薬:急性発作時に抑える

 抗コリン薬は、気管支収縮作用のあるアセチルコリンという化学伝達物質の作用を遮断して、気管支(きかんし)の収縮を防ぐ薬です。ただし、抗コリン薬は現在のところ喘息の適応は認めていないため、単体で用いられることはなく、吸入のβ2刺激薬やテオフィリン系薬が効かない時の補助薬として用いられています。

≫次の記事「喘息発作の前触れ徴候」へ

 

◇「喘息(ぜんそく)発作時の対応」の記事一覧◇


◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

口腔〜食道の悩み
 ・頻繁なゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い
 ・口角のびらん(水疱や炎症)
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・食道のつかえ感
 ・食事のみぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
 ・幼児の異物誤飲時の対応
◆胃腸の症状◆
胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛

胃痛と食事について

空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事

胃の具合が悪い

胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

在宅・自宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com

目眩(メマイ)
目眩(めまい)に関する各病状(メニエール病など)対策や耳鼻科や脳外科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com/memai
     
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・