喉痛.COM
 トップページ > 喉(のど)の病気 > 最先端の癌治療  サイトマップ
サイトより皆様へ
喉(のど)の症状
喉(のど)が痛い 
喉(のど)が腫れる
喉(のど)に乾燥感がする
異物感・物が飲み込みにくい
異物の誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
咳(せき)が出る
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた
口の中が乾く
喉(のど)の病気
急性咽頭炎・扁桃炎
慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
急性喉頭炎
慢性喉頭炎[慢性声帯炎・声帯結節・ポリープ様声帯]
声帯ポリープ
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
音声障害
耳ろう孔感染症
顎下腺垂石症
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
急性喉頭蓋炎
咽喉頭異常感症
扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
味覚障害 
喉(のど)の癌(がん)・悪性腫瘍
舌がん
・咽頭がん[上咽頭がん中咽頭がん下咽頭がん
喉頭がん
頭頸部がん
甲状腺がん(甲状腺腫瘍)
喉(のど)の基礎知識
習慣性扁桃炎
扁桃肥大
アデノイド増殖症
急性声門下喉頭炎
喉頭乳頭腫
小児結節
喉(のど)の基礎知識

喉(のど)の仕組み・働き
喉(のど)の検査
食べ物、空気と声の喉での別れ方
喉頭全摘後のリハビリ
音声検査・音響検査

のどの特集
子どもの喉の病気について
 ・喉頭扁桃(アデノイド)
咳(せき)でわかる喉の病状
喉に異物が引っかかった時
睡眠時無呼吸症候群といびき
喉の癌(がん)対策
喉頭ガン・咽頭がん対策
喉頭ガン・咽頭がんの予防法
 先端の喉(のど)の癌治療
 @血液検査で診断
 A超選択的動注化学療法
 Bマイクロ手術
 タバコが起こすノドの癌(ガン)

 ・日本人とタバコの現状
 ・喫煙と耳鼻咽喉科ガンとの関係
 ・喫煙が耳鼻咽喉への悪影響
コラム
果物で起こる咽喉のイガイガ感
骨やモチのノドのアクシデント対応
ノドにも起こる性交渉関連疾患
喉(のど)と声変わり
喉頭ガン予防の10カ条

最先端の癌治療B

- 喉(のど)の特集

喉痛の癌

マイクロ手術とは?

 マイクロ手術とは、直径0.5〜2.0ミリ程度の細い血管(動脈と静脈)がついた自分の組織を他の部位へ移植する方法です。細い血管をつなぐため特殊な器具と特別な訓練を受けた医師が必要です。切断した指が再び装着したという話を見聞きした方もおられることと思います。
同じ技術を用いて、手術後の変形や機能障害を修正するのです。自分の身体の一部を使いますので、厄介な拒絶反応は起きません。このような技術は形成外科、整形外科、耳鼻咽喉科の医師が以前から研鑽(けんさん)して習得、保持しています。

喉痛のどいた

身体のどの部位組織を用いるの?

 主な部位を説明します。移植される組織のことを弁(英語では「フラップ」)と言います。

@ 前腕皮弁

  前腕(手の近くの側の腕)の手掌(しゅしょう)側の皮膚をつかいます。橈骨(とうこつ)動脈とその伴走静脈を使います。手には尺骨動脈もありますので、手の血行は安心です。薄くてしなやかで複雑な数にうまく適合します。咽頭の比較的小さく複雑な欠損に適合します。欠点は腕に脚から植皮(しょくひ:ドナー部位、またはドナーの皮膚を採皮し創傷などへ貼付縫合する事)が必要なことで、腕の傷が将来やや目立ちます。

A 腹直筋皮弁

  お腹の豊富な脂肪と筋肉を用います。下腹壁動静脈を用います。豊富な脂肪が特徴で、乳房の再建によく用いられています。最近では、腹直筋は用いず脂肪と皮膚のみにして用いるほうが術後のヘルニアなど合併症予防に有効と言われています。また、その逆に、その筋肉を利用して顔面神経マヒの治療に用いたりします。お腹に筋肉を十分に残せば、欠点はあまりありません。

B 前外側大腿(だいたい)皮弁

  これは大腿の前から外側の皮膚を利用するものです。血管は外側大腿回旋動脈の下行枝を使います。この血管は長くて枝が多いので、いくつかの組織を組み合わせて使用可能であることから、最近の頭頸部腫瘍切除後再建の主流となっています。
 欠点として、脚のちからが少し弱くなることにありますが、通常は日常生活に支障はありません。

C 遊離大網移植

  これは胃の下にある脂肪のついた膜状の組織です。皮膚が必要ない場合には最適です。耳下腺腫瘍や頸の腫瘍の切除後で顔や頸がへこんで変形した場合に最適です。一般的には、腹部外科の協力の下に腹腔鏡(ふくくうきょう)を使用してお腹を大きく切り取らずに採取しているようですね。ですから、お腹には小さな傷が3、4個できるだけですので、非常に身体の負担が小さいのが特徴です。
 このような変形は、従来は無視されることが多かったのですが、最近は細やかな配慮を求める患者も増えてきております。このような求めにも、きめ細やかに対応することが可能です。

D 肩甲骨皮弁

  これは背中の方のところにある肩甲骨を一部とって移植する方法です。あごの骨や喉(のど)の軟骨の再建に便利です。肩甲回旋動脈動静脈を用います。術後、少し肩が上がりにくくなりますが、リハビリをすると回復します。

E 腓骨(ひこつ)皮弁

  これは下腿の外側の腓骨という細い骨を移植する方法です。腓骨動静脈を使用します。細いですが硬い頑丈な骨で下顎骨が長く欠損したときに最適です。術後歩行時に痛みが出ますが、しばらくすると消失します。

F 遊離空腸

  これは小腸の一部をのどの代わりに使う方法です。傷の治りがとても良いのが特徴です。術後は、少し飲み込みにくくなることがあります。術後まれに腸閉塞(ちょうへいそく)になることがあります。下咽頭ガンでは最適な治療法です。

≫次の記事「最先端の癌治療Bマイクロ手術が必要な時期など」へ

 

◇「最先端の癌治療」の記事一覧◇

最先端の癌治療@ガンを血液検査で診断
最先端の癌治療A超選択的動注化学療法とは
最先端の癌治療Bマイクロ手術とは

喉痛のどいた

◆関連する主な病名◆

 


☆喉(のど)の基礎知識☆
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉での別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

☆喉(のど)の病気☆
急性咽頭炎・扁桃炎
慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
舌がん、・声帯ポリープ、・喉頭がん
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
☆よく読まれている記事☆
 ・喉(のど)が痛い
 ・喉(のど)が腫れる
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物の誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・咳(せき)が出る
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・口内炎(こうないえん)ができた

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
     
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・