喉痛.COM
 トップページ > 喉(のど)の症状 > 喉(のど)が腫れる  サイトマップ
サイトより皆様へ
喉(のど)の症状
喉(のど)が痛い 
喉(のど)が腫れる
喉(のど)に乾燥感がする
異物感・物が飲み込みにくい
異物の誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
咳(せき)が出る
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた
口の中が乾く
喉(のど)の病気
急性咽頭炎・扁桃炎
慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
急性喉頭炎
慢性喉頭炎[慢性声帯炎・声帯結節・ポリープ様声帯]
声帯ポリープ
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
音声障害
耳ろう孔感染症
顎下腺垂石症
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
急性喉頭蓋炎
咽喉頭異常感症
扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
味覚障害 
喉(のど)の癌(がん)・悪性腫瘍
舌がん
・咽頭がん[上咽頭がん中咽頭がん下咽頭がん
喉頭がん
頭頸部がん
甲状腺がん(甲状腺腫瘍)
喉(のど)の基礎知識
習慣性扁桃炎
扁桃肥大
アデノイド増殖症
急性声門下喉頭炎
喉頭乳頭腫
小児結節
喉(のど)の基礎知識

喉(のど)の仕組み・働き
喉(のど)の検査
食べ物、空気と声の喉での別れ方
喉頭全摘後のリハビリ
音声検査・音響検査

のどの特集
子どもの喉の病気について
 ・喉頭扁桃(アデノイド)
咳(せき)でわかる喉の病状
喉に異物が引っかかった時
睡眠時無呼吸症候群といびき
喉の癌(がん)対策
喉頭ガン・咽頭がん対策
喉頭ガン・咽頭がんの予防法
 先端の喉(のど)の癌治療
 @血液検査で診断
 A超選択的動注化学療法
 Bマイクロ手術
 タバコが起こすノドの癌(ガン)

 ・日本人とタバコの現状
 ・喫煙と耳鼻咽喉科ガンとの関係
 ・喫煙が耳鼻咽喉への悪影響
コラム
果物で起こる咽喉のイガイガ感
骨やモチのノドのアクシデント対応
ノドにも起こる性交渉関連疾患
喉(のど)と声変わり
喉頭ガン予防の10カ条

喉(のど)が腫れるA

- 喉(のど)の症状


扁桃が良く腫れるがどうして?

扁桃とは

 口を開けたときに、奥の方で左右に見えるのがいわゆる「扁桃(口蓋扁桃)」です。一般的に、扁桃腺(へんとうせん)と呼ばれるのは、この口蓋扁桃のことですが、扁桃には分泌腺はありませんので、正式には扁桃と呼びます。ちなみに、「扁桃」という言葉は、もともと中国語から由来し、アーモンドを意味しています。そう言われれば、口蓋扁桃はアーモンドのような形をしていますね。ただし広い意味での「扁桃」には、この口蓋扁桃のほかに咽頭扁桃(アデノイド)、舌根扁桃、耳管扁桃があります。これらは喉(のど)の入り口を取り囲むように並んでいて、鼻や喉を通って外から入ってくる細菌やウイルスから体を守る役目を果たしています。

喉痛のどいた

扁桃に大きさは変化する

赤ちゃんが生まれると、しばらくの間はお母さんからもらった免疫がはたらいていますが、徐々にこの母体免疫はうすれていきます。扁桃はリンパ臓器であり、外から入り込む病原体から生体を防御する働きをもっています。特に幼児期から思春期頃までは、扁桃組織の活動が活発になり、通常でも扁桃の仲間が肥大する傾向にあります。肥大のピークは6歳前後と言われています。扁桃の肥大がこのような生理的なもので、特別な症状を伴わなければ、特に治療の必要はありません。ただし、肥大に程度によっては、いびきや夜間の無呼吸発作の原因となったり、食事が飲み込みにくくなったりするため、手術を考慮する場合があります。

喉痛のどいた

扁桃が時々腫れるのは?

 生理的な肥大とは別に、扁桃が炎症により腫れて、発熱と喉(のど)の痛みを起こすことがあります。お子さんが風邪をひいた時などに、一緒に急性扁桃炎を起こすのは珍しいことではなく、治療によって短期間で回復する場合は、あまり問題はありません。ところが、風邪や心身の疲労、気温の変化などとともに、度々、扁桃炎を繰り返すことがあります。「習慣性扁桃炎」と呼びますが、急激な発熱と同時に喉が痛くなり、痛くて食事も食べられない状態になります。扁桃には普段からいろいろな菌がすんでいて、身体の抵抗力が落ちたときに細菌が増殖し、感染のもととなります。このように扁桃は「免疫臓器」であるとともに、「感染臓器」でもあり、人間の体にとってプラスとマイナスの両面性を持っています。次にお話しする場合のように、扁桃の有害な面が有益な面を上回る状況では、手術により扁桃をとるのも一つの方法です。

 

◇「喉(のど)が腫れる」に関する記事一覧◇

喉痛のどいた

◆関連する主な病名◆

◆他に役に立つおススメ記事◆


☆喉(のど)の基礎知識☆
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉での別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

☆喉(のど)の病気☆
急性咽頭炎・扁桃炎
慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
舌がん、・声帯ポリープ、・喉頭がん
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
☆よく読まれている記事☆
 ・喉(のど)が痛い
 ・喉(のど)が腫れる
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物の誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・咳(せき)が出る
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・口内炎(こうないえん)ができた

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
     
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・