花粉症と喉痛.COM
 喉痛.COM > 花粉症TOP > 漢方治療 > 漢方薬使用の医師の判断基準:使用するか否かは漢方薬に対する  サイトマップ

主な症状と要注意な特徴
 ・主な症状:鼻水,くしゃみ,鼻づまり
 ・全身的な症状
 ・胃腸の症状
 ・喉や皮膚の症状
 ・鼻出血(鼻血)の症状
 ・花粉症の昼夜の症状変化
 ・花粉症時に鼻で起こること

 ・スギ花粉症の症状
 ・スギ花粉症と他の花粉症の併発

 ・子供の花粉症の特徴・経過
 ・成長に伴う特徴の変化
 ・高齢者の花粉症の特徴・経過
 ・花粉症は不治の病

合併・併発する病気
 ・風邪と花粉症の見分け方
 ・副鼻腔炎との合併症状
 ・花粉症と滲出性中耳炎の慢性化

治療法と薬物使用の注意点
 ・主な4種の治療法
   @補助療法(予防)
   A薬物・免疫・手術療法
 ・子供の治療 ・高齢者の治療
 ・アロマセラピー治療
 ・減感作療法の免疫治療
   ・減感作療法以外の根治療法
 ・主な手術療法 ・レーザー手術
   @外来の手術  A入院の手術
 ・主な治療薬 ・予防(薬物)治療
  
治療薬の処方基準  
  ・治療薬の副作用
    @注意すべき持病
    A併用を避けるべき薬物
  ・市販用の治療薬の注意点
  ・妊娠中・出産後の薬物療法
  ・アルコール(飲酒)・タバコの影響
  ・ステロイド筋肉注射の危険性
  ・薬剤の飲み忘れ・まとめ飲み

診断・検査方法
 ・受診科目:耳鼻咽喉科 ・小児科
       ・内科・アレルギー科・眼科
 ・花粉症の症状説明の注意点

 ・花粉症か否かの検査法
 ・花粉症の具体的な検査方法
 ・アレルゲン(抗原)の検査

基礎知識(患う原因・要因)
 ・日本の花粉症の現状と歴史
 ・日本の花粉症患者数と傾向
 ・花粉症の海外の事情
 ・大気汚染の花粉症への影響

 ・花粉症の主な原因
 ・原因となる花粉の種類
 ・花粉症発症の個人差の原因
 ・花粉への感受性と反応性・過敏性

 ・花粉症の地域差・有症率 
 ・花粉症の発症年齢と性差
 ・花粉症の発症予測
 ・花粉の飛散条件・傾向

食道に起因する病気
食道炎(食道潰瘍)
逆流性食道炎(食道逆流症)
食道神経症食道に異物が詰まる
食道良性腫瘍食道狭窄
食道ガン
バレット食道  ・食道アカラシア
食道静脈瘤 ・食道憩室
マロリー・ワイス症候群

胃腸に起因する病気
ピロリ菌の感染
急性胃炎慢性胃炎
萎縮性胃炎 ・びらん性胃炎
機能性胃腸症(ディスペプシア)
胃痙攣(けいれん)
胃・十二指腸潰瘍
胃アニサキス症
胃ポリープ  ・胃粘膜下腫瘍
平滑筋腫(消化管間葉性腫瘍)
胃MALTリンパ腫 ・胃腺腫
胃ガン
スキルスガン ・胃粘膜異常
高分化型胃ガン ・胃下垂
ダンピング症候群 ・胃酸過多
胸膜炎(胃痛) ・胃の陰影欠損
摂食障害(胃の緩み)
胃の石灰化(胃石)
胃腸風邪(ノロ・ロタウイルス)
胃壁後部ニッシェ
胃前庭部粘膜不全

漢方薬使用の医師の判断基準:使用するか否かは漢方薬に対する考え方次第

- 花粉症治療の漢方医学(東洋医学)

漢方薬使用の医師の判断基準:使用するか否かは漢方薬に対する考え方次第 - 花粉症と喉痛.COM

≪前ページ「漢方薬の相場(値段):医療用漢方製剤の健康保険適用は1970年代から

漢方薬使用の医師の判断基準

 漢方薬を使わない医師と積極的に使う医師がおられます。漢方薬を用いないで治療を試みる医師には、いくつかの理由があります。まず、漢方薬に興味は持っているが知識が無い、日常診療では西洋薬だけで不自由していないので漢方薬に関心があい、漢方薬が効くという実証がないと考えている、そして、漢方薬は効かないと決めつけている、といったような理由があるようです。
 しかしながら、その一方で、漢方薬を用いて治療を行う医師にもいくつかの理由があるのです。それは、漢方薬に興味があり勉強した医師や、自分や家族が漢方薬を飲んで病気が良くなった経験がある医師、漢方薬が西洋薬よりも治療薬として優れていると考える医師などですね。
 つまりは、結局、漢方薬を使うか否かは、各医師の個人的な好みや考え方によってさまざまであると言えるでしょう。西洋薬の場合も、医師によって使う薬剤とまったく使わない薬剤の双方がありますが、それも同様ですね。

 

漢方医学と西洋医学の融合でより有効な治療を

 明治時代以降、本格的に西洋医学が導入されて、第二次大戦以後においては、日本の医療は西洋医学一色となりました。それでも、漢方医学を学び実践していた医師は少ないながらも確実に存在しておりました。漢方医学(東洋医学)は効き目がない、といったようなイメージを、一般の方をはじめ医師や医学生が持つようになったのは、西洋医学の科学的に見える論法がより良くみえたことと、漢方薬を商売の種にした一部の業者による詐欺的な販売などによって、うさんくさく怪しげなイメージが広まってしまったことが原因だと考えます。そうした後に、西洋医学のみでは治療に限界があると感じる医師や医学研究者たちが漢方薬に興味を持つようになり、その成分や作用について科学的に分析するようになりました。また、欧米の研究者たちも、漢方薬に関してさまざまな研究報告を行うようになり、漢方薬にはさまざまな薬効があることが証明されております。ただ、従来からも、西洋薬には植物や動物から薬効のある成分を抽出精製したものも少なくなく、欧米の研究者たちにとってみれば、漢方薬が特別なものであるというような感覚はほとんどないようです。
 しかしながら、その一方で、科学的で論理的であるはずだった西洋医学の治療や検査方法の中にも、実際には医師の経験的な要素だけで行われているものが少なくないことが、次第に認識されるようになりました。現在では、実証に基づいた診療を、という言葉を合言葉に、従来から正しいとされてきた治療や検査の有効性を検証する研究報告が精力的に行われるようになりました。こうした点を勘案すれば、妄信的な「西洋医学の方が良い」といった考えや「漢方医学(東洋医学)はまやかし」、「西洋医学は副作用が多く、漢方医学(東洋医学)は身体に優しい医療だ」、「簡単な病気は西洋医学にまかせて、難病こそ漢方医学(東洋医学)」などといった議論は、もはや時代遅れだと言えるでしょう。
 現在では、漢方医学(東洋医学)と西洋医学の融合が推進されるべき時代が到来したと言われています。一部の大学では、既に医学教育に漢方医学(東洋医学)が組み込まれるようになってきました。漢方医学(東洋医学)と西洋医学のどちらが主でどちらが従か、といったような話ではなく、これらが相互に補い合うべき関係であると考える医師や研究者が、ここ数年で増えてきたことは歓迎すべきことだと考えています。実務的には、今後は西洋医学中心の医師も漢方医学(東洋医学)を学ぶべきであるという声が高まってきております。また、漢方医学(東洋医学)を専門とする医師も最新の西洋医学を学びつつ、難解な用語を現代の医療に通じる言葉に置き換える努力こそが必要であると考える漢方医学の専門家も少なくありません。お互いに歩み寄ってこそ、素晴らし医療ができ、本当に患者さんのためになる融合的な発展もあると思います。

≫次ページ「漢方薬の自己判断での使用:自分で購入し使用しても副作用や効果がない場合も


◇「花粉症治療の漢方医学(東洋医学)」のページ一覧◇


◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

口腔〜食道の悩み
 ・頻繁なゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い
 ・口角のびらん(水疱や炎症)
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・食道のつかえ感
 ・食事のみぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
 ・幼児の異物誤飲時の対応
◆胃腸の症状◆
胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛

胃痛と食事について

空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事

胃の具合が悪い

胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛,リウマチ,ヘルニアなどの病気や日常生活の注意点の健康情報サイト
koshiitai.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛,リウマチ,ヘルニアなどの病気や日常生活の注意点の健康情報サイト
koshiitai.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・