花粉症と喉痛.COM
 喉痛.COM > 花粉症TOP > 漢方治療 > 漢方薬の効能・効果(即効性):証が合致し正しい使用をすれば即効性  サイトマップ

主な症状と要注意な特徴
 ・主な症状:鼻水,くしゃみ,鼻づまり
 ・全身的な症状
 ・胃腸の症状
 ・喉や皮膚の症状
 ・鼻出血(鼻血)の症状
 ・花粉症の昼夜の症状変化
 ・花粉症時に鼻で起こること

 ・スギ花粉症の症状
 ・スギ花粉症と他の花粉症の併発

 ・子供の花粉症の特徴・経過
 ・成長に伴う特徴の変化
 ・高齢者の花粉症の特徴・経過
 ・花粉症は不治の病

合併・併発する病気
 ・風邪と花粉症の見分け方
 ・副鼻腔炎との合併症状
 ・花粉症と滲出性中耳炎の慢性化

治療法と薬物使用の注意点
 ・主な4種の治療法
   @補助療法(予防)
   A薬物・免疫・手術療法
 ・子供の治療 ・高齢者の治療
 ・アロマセラピー治療
 ・減感作療法の免疫治療
   ・減感作療法以外の根治療法
 ・主な手術療法 ・レーザー手術
   @外来の手術  A入院の手術
 ・主な治療薬 ・予防(薬物)治療
  
治療薬の処方基準  
  ・治療薬の副作用
    @注意すべき持病
    A併用を避けるべき薬物
  ・市販用の治療薬の注意点
  ・妊娠中・出産後の薬物療法
  ・アルコール(飲酒)・タバコの影響
  ・ステロイド筋肉注射の危険性
  ・薬剤の飲み忘れ・まとめ飲み

診断・検査方法
 ・受診科目:耳鼻咽喉科 ・小児科
       ・内科・アレルギー科・眼科
 ・花粉症の症状説明の注意点

 ・花粉症か否かの検査法
 ・花粉症の具体的な検査方法
 ・アレルゲン(抗原)の検査

基礎知識(患う原因・要因)
 ・日本の花粉症の現状と歴史
 ・日本の花粉症患者数と傾向
 ・花粉症の海外の事情
 ・大気汚染の花粉症への影響

 ・花粉症の主な原因
 ・原因となる花粉の種類
 ・花粉症発症の個人差の原因
 ・花粉への感受性と反応性・過敏性

 ・花粉症の地域差・有症率 
 ・花粉症の発症年齢と性差
 ・花粉症の発症予測
 ・花粉の飛散条件・傾向

食道に起因する病気
食道炎(食道潰瘍)
逆流性食道炎(食道逆流症)
食道神経症食道に異物が詰まる
食道良性腫瘍食道狭窄
食道ガン
バレット食道  ・食道アカラシア
食道静脈瘤 ・食道憩室
マロリー・ワイス症候群

胃腸に起因する病気
ピロリ菌の感染
急性胃炎慢性胃炎
萎縮性胃炎 ・びらん性胃炎
機能性胃腸症(ディスペプシア)
胃痙攣(けいれん)
胃・十二指腸潰瘍
胃アニサキス症
胃ポリープ  ・胃粘膜下腫瘍
平滑筋腫(消化管間葉性腫瘍)
胃MALTリンパ腫 ・胃腺腫
胃ガン
スキルスガン ・胃粘膜異常
高分化型胃ガン ・胃下垂
ダンピング症候群 ・胃酸過多
胸膜炎(胃痛) ・胃の陰影欠損
摂食障害(胃の緩み)
胃の石灰化(胃石)
胃腸風邪(ノロ・ロタウイルス)
胃壁後部ニッシェ
胃前庭部粘膜不全

漢方薬の効能・効果(即効性):証が合致し正しい使用をすれば速効性も期待できる

- 花粉症治療の漢方医学(東洋医学)

漢方薬の効能・効果(即効性):証が合致し正しい使用をすれば即効性も期待できる - 花粉症と喉痛.COM

≪前ページ「漢方薬による花粉症治療:急性期は水毒治療、落ち着いている寛解期に体質改善を促す

 

漢方薬の効能・効果(即効性)

 一般的には、漢方薬というと、西洋薬と比較して、即効性が少なく、したがって症状がひどい場合には、西洋薬に頼ってしまうという方が多いようです。しかしながら、漢方薬の中でも、「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」や「越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)」などには、花粉症(花粉アレルギー)に対して即効性があることが良く知られております。また、「麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)」も「証」にピッタリと合致すれば、即効性を示すことが少なくありません。漢方薬に関しても、さまざまな種類があり、正しい使用方法をもってすれば、かなりの病気に即効性を示します。

 

即効性を持つことで知られる漢方薬

  • 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

 スギ花粉症やハウスダストなどによる通年性アレルギー性鼻炎(鼻過敏症)の経験があるのですが、西洋薬をさまざまな種類を試しましたが、あまり効果が見られませんでした。しかしながら、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)を試したところ、たった1度の内服で頑固な鼻水(鼻汁)が治まった経験があります。その経験が、漢方薬に強い関心を持つきっかけになったのですが、知人の医師も同様の経験をされて漢方薬に興味を持たれたそうです。成人は当然のことながら、子どもの場合にも、西洋薬で十分な効果が得られない場合に小青竜湯が即効性を示す症例はよく見られます。

  • 越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)

 越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)は、目の周りに湿疹(シッシン)が伴うようなアレルギー性結膜炎を合併する花粉症(花粉アレルギー)の患者さんに用いると、優れた効果が得られることがあります。30歳前後の暑がりの女性の場合で、眼が痒み(カユミ)が強いスギ花粉症の患者さんに処方したところ、1回目の内服で痒み(カユミ)が弱まり、3日目にはすべての症状が軽くなりました。この漢方薬は甘味と辛味が混じった複雑な味なのですが、その女性にとっては非常に美味しく感じられたそうです。

  • 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)

 寒がりの患者さんが、花粉症の症状が出ているときに風邪(カゼ)をひくと極端に体力が低下してしまうという病状をかかえて相談に見えました。麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)を内服したところ、身体がポカポカと温まってきて、急に元気になったようです。

  • 加味逍遥散(カミショウヨウサン)

 30歳前後で体力は普通程度の患者さんが、イライラしやすく肩こりと生理痛に悩んでいて、スギ花粉症を訴えて相談に見えました。この場合、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)で鼻の症状が落ち着いてから加味逍遥散(カミショウヨウサン)に変更したところ、1日で肩こりがウソのように改善したようです。そして、1週間後には、イライラもなくなって気持ちよく仕事ができるようになり、3カ月後には長期間にわたって困っていた生理痛もスッキリなくなってようです。しかしながら、薬剤の服用を完全に止めてしまったところ、1週間もたたないうちに肩こりが再発してしまいました。そこで、加味逍遥散の内服を再開すると、翌日にはスッカリ改善したのです。

  • 柴朴湯(サイボクトウ)

 この柴朴湯(サイボクトウ)という漢方薬は、通常は花粉症(花粉アレルギー)よりも気管支ぜんそくの寛解(永続的・一時的を問わず、病状が好転かほぼ消失し、臨床的に治められた状態)の時期に用いることが多い方剤(ホウザイ)なのですが、花粉症と気管支ぜんそくが合併している患者さんでわき腹がつかえるような感じがする患者さんでは、花粉症にも有効な場合もあります。
 この柴朴湯の特徴は、飲みやすさで、薬剤が嫌いで治療に困っていた子供に、この柴朴湯を内服してもらったところ、薬剤だと思えないくらい美味しい薬剤だね、と喜んで飲んでくれました。昼と夜に内服すると、いつもなら夜間に鼻づまり(鼻閉)で目が覚めてしまうのに、その日はグッスリと眠ることができたそうです。その後も内服を継続して、花粉症も気管支ぜんそくもスッカリ軽快し、2年間内服を継続した後は、3年以上にわたって症状は出ず、治癒(チユ)したと考えております。


≫次ページ「漢方薬による体質改善の治療効果:漢方治療の効果は西洋の抗アレルギー薬と同等程度


◇「花粉症治療の漢方医学(東洋医学)」のページ一覧◇


◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

口腔〜食道の悩み
 ・頻繁なゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い
 ・口角のびらん(水疱や炎症)
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・食道のつかえ感
 ・食事のみぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
 ・幼児の異物誤飲時の対応
◆胃腸の症状◆
胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛

胃痛と食事について

空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事

胃の具合が悪い

胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛,リウマチ,ヘルニアなどの病気や日常生活の注意点の健康情報サイト
koshiitai.com

腰痛・関節痛
腰痛や関節痛,リウマチ,ヘルニアなどの病気や日常生活の注意点の健康情報サイト
koshiitai.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・