食道・胃腸と喉痛.COM
 喉痛.COM > 食道・胃腸TOP > 検査方法 > その他の検査(ペプシノゲン法、尿検査、便検査)  サイトマップ
食道・胃腸の病気

胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛
胃痛と食事について
空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事
胃の具合が悪い
胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹
口腔〜食道の悩み
頻繁なゲップが詰まる
おヘソの痛みとしつこいゲップ
歯磨き時に吐き気
口臭が酷い
口角のびらん(水疱や炎症)
口腔の渇きと飲み込み難い
食道のつかえ感
食事のみぞおちのつかえ感
痰や咳、喉詰まり
カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
幼児の異物誤飲時の対応

食道に起因する病気

食道炎(食道潰瘍)
逆流性食道炎(食道逆流症)
 >>他の病気の併発
 >>胃酸過多と逆流性
食道神経症
食道に異物が詰まる
食道良性腫瘍食道狭窄
食道ガン >>主な症状・原因
 >>検査方法、>>治療方法
バレット食道  ・食道アカラシア
食道静脈瘤 ・食道憩室
マロリー・ワイス症候群

胃腸に起因する病気
ピロリ菌の感染
 >>検査方法>>予防法 >>治療法
 >>治療後(検査まで)の注意
急性胃炎慢性胃炎
萎縮性胃炎 ・びらん性胃炎
機能性胃腸症(ディスペプシア)
胃痙攣 >>治療法
胃・十二指腸潰瘍>>潰瘍瘢痕化
 >>胃潰瘍の再発防止方法 
胃アニサキス症
胃ポリープ  ・胃粘膜下腫瘍
平滑筋腫(消化管間葉性腫瘍)
胃MALTリンパ腫 ・胃腺腫
胃ガン >>主な症状と進行度
 >>検査方法、>>治療方法
 >>手術の後遺症(吐き気・胸やけ)
 >>胃切除術後の液逆流の予防
スキルスガン ・胃粘膜異常
高分化型胃ガン ・胃下垂
ダンピング症候群 ・胃酸過多
胸膜炎(胃痛) ・胃の陰影欠損
摂食障害(胃の緩み)
胃の石灰化(胃石)
胃腸風邪(ノロ・ロタウイルス)
胃壁後部ニッシェ
胃前庭部粘膜不全

十二指腸に起因する病気
輪状膵(十二指腸が細い)
十二指腸潰瘍と癌(ガン)腫瘍
便通異常(十二指腸潰瘍)
十二指腸カルチノイド
十二指腸球部変形

喉(のど)の症状
喉が痛い  ・喉が腫れる
喉に乾燥感 ・咳が出る
異物感・物が飲み込みにくい
異物誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた

その他の検査(ペプシノゲン法、尿検査、便検査)

- 食道・胃・十二指腸の検査方法

 

その他の検査(ペプシノゲン法、尿検査、便検査)

ペプシノゲン法

 苦痛もなく胃ガンのリスクが高いかどうかを見るマーカーとして、ペプシノゲン法という方法があります。ペプシノゲン法とピロリ菌の感染の有無によって、両方がマイナスであれば胃ガンにかかるリスクは極めて低く、両方がプラスの場合には、ハイリスクにあたるので、内視鏡検査の頻度を増すなど、必要に応じた検査方法がわかります。
 ペプシノゲンは胃の中に分泌(ブンピツ)される消化液ですが、血液中にも出てきます。1と2があるのですが、この1と2の比(1/2比)が低くなると、胃の粘膜の萎縮が進み、ガンのリスクが高まることがわかっています。これにピロリ菌に感染しているかどうかを組み合わせた「ABC検診」は、さらに詳しくガンのリスクを予測することができる方法です。この検診方法を普及させるためのNPO「胃ガン予知・診断・治療研究機構」も設立されており、自治体の検診メニューに含まれている場合もあります。

尿検査

 尿検査の主な項目には、ペーハー(pH)、タンパク(腎機能の異常が分かる)、糖(糖尿病や膵炎、肝臓の異常が分かる)、ウロビリノーゲン(肝臓、胆道などの病気の可能性がわかる)、潜血反応(腎臓結石があると潜血反応が出る)、ケトン体、尿沈渣(必要に応じて)があります。

便検査

 血液検査で貧血があった場合、上部消化管が下部消化管かどちらからの出血かを鑑別するときに行います。便潜血反応があれば、下部消化管からの出血だとわかります。
 かつて便潜血反応は、緑黄色野菜や食肉に含まれる動物の血、歯茎からの出血、鼻血などが混ざっても陽性と出てしまったため、検査前には潜血食といって検査に影響のない食事を摂らなければいけませんでした。最近では、人間のヘモグロビンだけに反応するよう改良され、潜血反応が陽性になるのは大腸からの出血に限られるようになりました。

ウロビリノーゲン」とは?

 赤血球が壊れてヘモグロビンが遊離されてできるビリルビンが肝臓で処理されて胆汁中に排出され、腸で分解されてできます。肝機能が低下すると、ビリルビンの処理ができなくなり尿中のウロビリノーゲンが陽性(プラス)になります。逆に胆汁(タンジュウ)の流れがよどむ(閉塞性黄疸)と陰性(マイナス)になります。通常は(±)です。

ケトン体」とは?

 アセト酢酸、3-ハイドロキシ酪酸、アセトンの総称です。インスリン不足でブドウ糖が利用できずに、脂肪を分解してエネルギー源として用いるようになると尿中に出てきます。

 

◇「食道・胃・十二指腸の検査方法」の記事一覧◇


◆食道・胃腸の役割と構造◆
 消化管の役割
  @消化プロセス:口腔〜胃
  A消化プロセス:十二指腸
  B消化プロセス後:小腸で吸収
 消化管の構造・役割
  ・食道の構造 / 食道の働き
  ・胃の構造 / 胃の働き

  ・腸の働き / 腸の構造

 食道・胃腸の検査方法
  ・内視鏡検査
   @経口検査 A経鼻検査 
  ・X線検査  ・CT検査  ・MRI検査
  ・腹部超音波検査
  ・血液検査 生化学検査
  ・胃に隆起性の陰影がある場合
  ・十二指腸の病気とバリウム検査
◆食道・胃腸の役割と構造◆
 セルフケア・生活上の注意
 ・胃潰瘍時の場合
 ・胃酸過多の場合
 ・胃切除後の場合
 ・機能性ディスペプシアの場合
 ・ピロリ菌除菌後の場合
 ・子ども(幼児)のピロリ菌感染と除菌
 ・十二指腸潰瘍の場合
 ・十二指腸潰瘍手術後の場合

 豆知識

 ・胃酸消化の仕組みの発見
 ・蛙(かえる)の子育ては胃袋の中で
 ・ストレスと胃の病気
 ・胃カメラから内視鏡検査への発達
 ・市販薬の推奨される飲み方・扱い方

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

在宅・自宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策、審美治療や矯正治療など情報まとめサイト
hagaita.com

目眩(メマイ)
目眩(めまい)に関する対策や耳鼻科や脳外科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com/memai

突発性難聴
突発的な難聴の病状対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・