食道・胃腸と喉痛.COM
 喉痛.COM > 食道・胃腸TOP > 胃の症状と病気 > ピロリ菌感染の予防法  サイトマップ
食道・胃腸の病気

胃痛について
胃から背中(みぞおち)の痛み
みぞおちが局所的に痛む
突発的な胃痛
胃痛と発熱の併発
ストレス性の胃痛
胃痛と食事について
空腹時の胃痛と食後の胸やけ
多食後に胃がキリキリと痛む
刺身の食後に吐き気と胃痛
胃の痛みと下痢(食中毒)
食後の胃痛の原因・予防
胃痛時の絶食後の食事
胃の具合が悪い
胃の調子が悪い
胃もたれ(胸やけ)
便秘と胃の膨満感
胃の収縮音(お腹が鳴る)
空腹時の腹の痛み
腹痛と黒い便
胸の痛みと胃の異常感
頻繁に吐き気と嘔吐感
胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
お腹(脇腹)に発疹
口腔〜食道の悩み
頻繁なゲップが詰まる
おヘソの痛みとしつこいゲップ
歯磨き時に吐き気
口臭が酷い
口角のびらん(水疱や炎症)
口腔の渇きと飲み込み難い
食道のつかえ感
食事のみぞおちのつかえ感
痰や咳、喉詰まり
カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
飲酒後の吐血(激しい嘔吐)
幼児の異物誤飲時の対応

食道に起因する病気

食道炎(食道潰瘍)
逆流性食道炎(食道逆流症)
 >>他の病気の併発
 >>胃酸過多と逆流性
食道神経症
食道に異物が詰まる
食道良性腫瘍食道狭窄
食道ガン >>主な症状・原因
 >>検査方法、>>治療方法
バレット食道  ・食道アカラシア
食道静脈瘤 ・食道憩室
マロリー・ワイス症候群

胃腸に起因する病気
ピロリ菌の感染
 >>検査方法>>予防法 >>治療法
 >>治療後(検査まで)の注意
急性胃炎慢性胃炎
萎縮性胃炎 ・びらん性胃炎
機能性胃腸症(ディスペプシア)
胃痙攣 >>治療法
胃・十二指腸潰瘍>>潰瘍瘢痕化
 >>胃潰瘍の再発防止方法 
胃アニサキス症
胃ポリープ  ・胃粘膜下腫瘍
平滑筋腫(消化管間葉性腫瘍)
胃MALTリンパ腫 ・胃腺腫
胃ガン >>主な症状と進行度
 >>検査方法、>>治療方法
 >>手術の後遺症(吐き気・胸やけ)
 >>胃切除術後の液逆流の予防
スキルスガン ・胃粘膜異常
高分化型胃ガン ・胃下垂
ダンピング症候群 ・胃酸過多
胸膜炎(胃痛) ・胃の陰影欠損
摂食障害(胃の緩み)
胃の石灰化(胃石)
胃腸風邪(ノロ・ロタウイルス)
胃壁後部ニッシェ
胃前庭部粘膜不全

十二指腸に起因する病気
輪状膵(十二指腸が細い)
十二指腸潰瘍と癌(ガン)腫瘍
便通異常(十二指腸潰瘍)
十二指腸カルチノイド
十二指腸球部変形

喉(のど)の症状
喉が痛い  ・喉が腫れる
喉に乾燥感 ・咳が出る
異物感・物が飲み込みにくい
異物誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた

ピロリ菌感染の予防法

- 胃の症状と病気

 

ピロリ菌感染の予防に有効なことは何かないのか

 ピロリ菌は、だいたい5歳以下で感染し、その後、長期にわたって持続感染します。いま現在、ピロリ菌に感染していない大人は、今後の感染を心配する必要はありません。大人になってから新たに感染することは、ほとんどないからです。
 なぜ5歳以下でピロリ菌に感染するかというと、大人に比べ胃酸分泌(イサン・ブンピツ)がそれほど盛んではないうえ、胃粘膜の免疫が成熟していないためです。ピロリ菌の感染を防ぐためには、幼児期のうちに予防することが必要です。

 ピロリ菌は、ヒトの胃の粘膜にしか感染しません。かつては、胃の中のピロリ菌が糞便に混じって排泄(ハイセツ)され、そこから井戸水や堆肥(タイヒ)で育った野菜などを介して糞口感染するケースがほとんどでした。しかし、上下水道が完備され、衛生状態が良くなった現在の日本では、糞口感染(フンコウ・カンセン:動物の体内から便として排泄された菌を口に入れる事による感染)はなくなりました。現在の主なピロリ菌の感染経路は、口口感染です。胃の中に住みついたピロリ菌が、たまたまゲップをしたときなどに口のほうに出てきて、唾液(ダエキ)に混じったものが、食べ物に付着します。離乳期の子どもなどに、ピロリ菌陽性の親や祖父母が、食べ物を口で噛んで与えたりすると、子どもに感染する可能性があります。
 衛生状態の向上とともに、若い方ほどピロリ菌陽性者は少なくなっていますが、ピロリ菌感染を防ぐためには、すでに感染している大人からうつらないよう、食べ物を噛んで与えないなどの注意が必要です。実際にあったケースでは、中学生で十二指腸潰瘍(ジュウニシチョウ・カイヨウ)を発症したお子さんの家庭環境を調べたところ、母親はピロリ菌陰性、父親がピロリ菌陽性でした。離乳期に父親が硬い食べ物を口で噛んで軟らかくして食べさせていたことがわかりました。親のどちらかが陽性者の場合は要注意です。一方、大人同士のキスや濃厚な接触で、ピロリ菌で感染することはありません。

 ピロリ菌がどこからどうやって感染するのか、ハッキリとしたことは判明してはいません。ただし、衛生状態の良くなった現在の日本での主な感染経路は、口から口への家族内感染が多いと考えられています。
 ピロリ菌は胃酸の分泌(ブンピツ)が低く、胃粘膜の免疫力の弱い5歳くらいまでの間に感染しますので、 成人してから新たに感染する可能性は大変低いのです。つまり、夫婦間の感染はないのですが、親がピロリ菌に感染していると、子どもも感染していることが多いというデータもあり、親子の感染の可能性も指摘されています。

 離乳期に硬い食べ物を軟らかく噛んで与えたり、口移しで食べさせたりすることが影響しているとも考えられておりますので、心配な方は歯周病菌などの感染のことも考えて、口移しは避けた方が良いでしょう。成人に対しては、陽性者への除菌が推奨されておりますが、子どもでは除菌しても再感染の可能性があることや、除菌に使われる抗菌薬の副作用の問題も否定できないため、専門医の間では除菌を考えるのは20歳を過ぎてからで良いのではと考えられています。

 

◇「胃・十二指腸の症状と病気」の記事一覧◇


◆食道・胃腸の役割と構造◆
 消化管の役割
  @消化プロセス:口腔〜胃
  A消化プロセス:十二指腸
  B消化プロセス後:小腸で吸収
 消化管の構造・役割
  ・食道の構造 / 食道の働き
  ・胃の構造 / 胃の働き

  ・腸の働き / 腸の構造

 食道・胃腸の検査方法
  ・内視鏡検査
   @経口検査 A経鼻検査 
  ・X線検査  ・CT検査  ・MRI検査
  ・腹部超音波検査
  ・血液検査 生化学検査
  ・胃に隆起性の陰影がある場合
  ・十二指腸の病気とバリウム検査
◆食道・胃腸の役割と構造◆
 セルフケア・生活上の注意
 ・胃潰瘍時の場合
 ・胃酸過多の場合
 ・胃切除後の場合
 ・機能性ディスペプシアの場合
 ・ピロリ菌除菌後の場合
 ・子ども(幼児)のピロリ菌感染と除菌
 ・十二指腸潰瘍の場合
 ・十二指腸潰瘍手術後の場合

 豆知識

 ・胃酸消化の仕組みの発見
 ・蛙(かえる)の子育ては胃袋の中で
 ・ストレスと胃の病気
 ・胃カメラから内視鏡検査への発達
 ・市販薬の推奨される飲み方・扱い方

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

在宅・自宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策、審美治療や矯正治療など情報まとめサイト
hagaita.com

目眩(メマイ)
目眩(めまい)に関する対策や耳鼻科や脳外科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com/memai

突発性難聴
突発的な難聴の病状対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・