喉痛.COM
 トップページ >   サイトマップ
サイトより皆様へ
喉(のど)の症状
喉(のど)が痛い 
喉(のど)が腫れる
喉(のど)に乾燥感がする
異物感・物が飲み込みにくい
異物の誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
咳(せき)が出る
いびきをかく[無呼吸症候群]
味がわからない[味覚障害]
口臭(こうしゅう)が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
あごや顔の出もの・腫れもの
口内炎(こうないえん)ができた
口の中が乾く
喉(のど)の病気
急性咽頭炎・扁桃炎
慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
急性喉頭炎
慢性喉頭炎[慢性声帯炎・声帯結節・ポリープ様声帯]
声帯ポリープ
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
音声障害
耳ろう孔感染症
顎下腺垂石症
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
急性喉頭蓋炎
咽喉頭異常感症
扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
味覚障害 
喉(のど)の癌(がん)・悪性腫瘍
舌がん
・咽頭がん[上咽頭がん中咽頭がん下咽頭がん
喉頭がん
頭頸部がん
甲状腺がん(甲状腺腫瘍)
喉(のど)の基礎知識
習慣性扁桃炎
扁桃肥大
アデノイド増殖症
急性声門下喉頭炎
喉頭乳頭腫
小児結節
喉(のど)の基礎知識

喉(のど)の仕組み・働き
喉(のど)の検査
食べ物、空気と声の喉での別れ方
喉頭全摘後のリハビリ
音声検査・音響検査

のどの特集
子どもの喉の病気について
 ・喉頭扁桃(アデノイド)
咳(せき)でわかる喉の病状
喉に異物が引っかかった時
睡眠時無呼吸症候群といびき
喉の癌(がん)対策
喉頭ガン・咽頭がん対策
喉頭ガン・咽頭がんの予防法
 先端の喉(のど)の癌治療
 @血液検査で診断
 A超選択的動注化学療法
 Bマイクロ手術
 タバコが起こすノドの癌(ガン)

 ・日本人とタバコの現状
 ・喫煙と耳鼻咽喉科ガンとの関係
 ・喫煙が耳鼻咽喉への悪影響
コラム
果物で起こる咽喉のイガイガ感
骨やモチのノドのアクシデント対応
ノドにも起こる性交渉関連疾患
喉(のど)と声変わり
喉頭ガン予防の10カ条

舌(ぜつ)がんA診断・治療


診断と治療

早期がんの場合は放射線治療法、切除した場合は再建手術を行う

 専門医であれば、診察で、舌の視診や触診を行えば、ある程度診断がつきます。
 視診や触診で舌がんが疑われた場合は、がんが疑われる場所の組織の一部を採取する「生検」を行い、確定診断をします。
 また、舌がんは頚部(ケイブ)のリンパ節に転移しやすい性質をもっています。頚部のリンパ節に転移しやすい性質をもっています。頚部のリンパ節に転移していると、首にしこりができたり、腫れることがあるので、首の触診も同時に行われることがあります。この触診によって、転移の有無も診断できます。
性格には、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)などの画像診断で、転移の有無を調べます」。

  • 治療

 舌がんでは、手術でがん組織を切除することが、治療の原則となります。しかし、舌を失ってしまうと、「言葉をうまく話すことができない」「食べ物をかんだり、飲み込んだりすることが困難になる」「味覚が失われる」などの障害が発生します。そのため、できる限り舌の機能を温存するような治療法が選択されます。

@手術療法

 近年では、舌がんの手術療法が飛躍的に進歩し、舌の機能をほとんど損なわずにがんを切除したり、切除後の再建手術によって機能を回復することが可能になりました。
いずれの手術法でも、頚部のリンパ節などに転移がある場合は、舌がんの手術と同時にその部分のがんの切除手術も行います。

がんの直径が4p未満で舌の表面にある場合・・・通常、舌の機能を残したまま、がん病巣だけを切除する「部分切除」が行われます。

がんの直径が4p以上の場合や舌の内部に及んでいる場合・・・舌を半分、もしくは、舌全体を摘出しますが、舌の再建手術によって舌の機能を回復させることができます。
 舌を半分摘出した場合、(半側切除術)は、「前腕皮弁移植」といって、前腕の皮膚を血管ごと舌へ移植し、頚部の血管とつなぎ合わせる再建手術を行います。この手術によって、舌の機能はかなり回復し、多少発音しづらくなるものの、普通に暮らすことができるようになります。また、舌全体を摘出するケースでは、腹直筋と、それに付随する皮膚を移植し、新たな舌として機能させます。
 手術後は、食べ物をかんだり、飲み込んだりする「嚥下(エンゲ)」のリハビリテーションを行えば、うまく機能するようになります。しかし、残念ながら味覚だけは回復させることができません。

A放射線療法

  がんの直径が4p未満で、舌の表面にあり、頚部のリンパ節などに転移がなければ、放射線療法が行われることもあります。舌がんの放射線療法は、ほかの臓器のがん治療で行われるような、放射線を病巣に照射する方法とは異なり、がんの病巣とその周囲組織に、放射性同位元素でできた針を刺します。その針を、1週間ほどそのままにしておき、がん細胞を撃退します。
 ただし、この療法には苦痛が伴い、また、放射線被曝によって、ほかの臓器に障害が発生する危険性もあるため、慎重に行われます。

B化学療法

 舌がんの化学療法は、単独で行われることはほとんどなく、手術を前提に行われます。手術を行う前の期間に、放射線療法や化学療法を行って、がんをあらかじめ小さくしておき、そのうえで切除手術をする、という段階を踏みます。

喉痛

早期発見法

舌の側面や裏側などを見たり、触ったりして調べる

 舌は、肉眼で見たり触ったりできる部位なので、自分の目や手でがんの有無を調べることができます。舌がんは舌の側面や裏側にできやすいので、特にこの部分をよく見たり、触って、「変色やただれがあるか」「しみるか」「しこりがあるか」などを調べてください。歯を磨くときなどに、こうしたチェックを習慣づけるようにするとよいでしょう。
 また、特定の場所の痛みが長く続いていたり、触ると出血する、といった症状が重なったら注意が必要です。がんを疑い、耳鼻咽頭科を受診してください。

喉痛.COM

◆舌がんに関する記事一覧◆


◆関連する主な病名◆


☆喉(のど)の基礎知識☆
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉での別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

☆喉(のど)の病気☆
急性咽頭炎・扁桃炎
慢性咽頭炎・扁桃炎
風邪 (急性喉頭蓋炎[声帯炎])
舌がん、・声帯ポリープ、・喉頭がん
いびき[睡眠時無呼吸症候群]
☆よく読まれている記事☆
 ・喉(のど)が痛い
 ・喉(のど)が腫れる
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物の誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・咳(せき)が出る
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・口内炎(こうないえん)ができた

RSS

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
     
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・